スライダーが外れてしまった場合、腕に自身がある方は縫製をほどいて直すことも可能ですが、止金をペンチで外したり、両側同時にファスナーを戻すという器用さも求められますので、不器用な方、根気のない方、バッグを元に戻す自信がない方には、あまりお勧めできません。

ファスナーの故障のパターンとしては、スライダーの引っ張る部分が取れてしまった、ファスナーを閉めた部分が開いてしまう、スライダーが外れてしまったというものです。この場合は同タイプのスライダーに取り替えることで修復することができます。このようなケースは簡単に直る可能性が高いですが、エレメントのパーツが取れてしまった、テープが破けてしまった、ファスナーの金具が取れてしまったというような場合には、やはり全体を取り替える必要が出てきますので、バッグ修理の専門家に任せることをお勧めします。プロに直してもらうことで、修理後もずっと大切に使うことができますし、自分で直すと確証もなくなんとなく直ったということもありえます。そうなるといつまた故障するかわかりませんので、大切なお気に入りのバッグであれば、やはり適切な修復をしてもらえる専門業者に依頼することをお勧めします。