Monthly archives: 7月, 2017

専門業者へ依頼しよう

鞄修理について
画像引用元 [靴専科:バッグ修理専門業者]

バッグの中でも革製バッグであれば、使えば使うほど味や個性が出て長い間使用することができます。丁寧に扱うことで、思った以上に長く使い続けることも可能ですので、ファスナーが壊れたといって諦めるのはもったいないですし、自身で修理されるよりも、適切な修理を行ってもらえる専門業者へまずは相談してみることが賢い手段と言えるでしょう。

もちろん、高額になる可能性もありますので、自分のイメージする修復後のバッグの状態を伝え、予算や時間の都合に合わせて修理内容を提案してもらうと良いでしょう。お気に入りのバッグをずっと後々も使い続ける為に、些細なことでも相談されることをお勧めします。

バッグのファスナー修理の工程としては、簡単なものはパーツの取替だけで修理できる場合と、完全に取替えが必要な場合は壊れているファスナーを取り外し、できるだけそのファスナーに似た素材、カラーを合わせて(カラーを変えたい場合はその希望に合わせて)新しいファスナーを元の位置に貼り合わせます。表と裏の針穴を合わせて、バッグ専用のミシンで縫い合わせて完成です。専門家でないと対応が難しいこともありますので、まずは修理業者に相談だけでもしてみると良いでしょう。



ファスナー修理の種類

スライダーが外れてしまった場合、腕に自身がある方は縫製をほどいて直すことも可能ですが、止金をペンチで外したり、両側同時にファスナーを戻すという器用さも求められますので、不器用な方、根気のない方、バッグを元に戻す自信がない方には、あまりお勧めできません。

ファスナーの故障のパターンとしては、スライダーの引っ張る部分が取れてしまった、ファスナーを閉めた部分が開いてしまう、スライダーが外れてしまったというものです。この場合は同タイプのスライダーに取り替えることで修復することができます。このようなケースは簡単に直る可能性が高いですが、エレメントのパーツが取れてしまった、テープが破けてしまった、ファスナーの金具が取れてしまったというような場合には、やはり全体を取り替える必要が出てきますので、バッグ修理の専門家に任せることをお勧めします。プロに直してもらうことで、修理後もずっと大切に使うことができますし、自分で直すと確証もなくなんとなく直ったということもありえます。そうなるといつまた故障するかわかりませんので、大切なお気に入りのバッグであれば、やはり適切な修復をしてもらえる専門業者に依頼することをお勧めします。