Monthly archives: 6月, 2017

ファスナーの構造とは

ファスナーの構造とは、エレメントと呼ばれる開閉する際に噛み合う歯(務歯)とテープのパーツ、スライダーと呼ばれる開閉する為の引っ張る金具で構成されています。スライダーを止める為に上止金、下止金があります。スライダーが劣化した為に故障した場合は、このスライダーを取り替えることで直すことができます。また、エレメント部分の歯が欠けているといった故障の場合は全てを取り替える必要がありますが、上下の1~2センチで欠けた場合には、止金をつけ直すことで修理可能になることもあります。

よく発生しがちなケースとして、ファスナーが布を噛んでしまってどうにも戻らないことがあります。焦って閉めた時や、カバンの中身が多い時などに起こりやすく、急いでいる時に限って、より一層ひっかかってしまうことも多いのではないでしょうか。ファスナーが噛んでしまった場合は、まず噛んだ布を引っ張って動かしてみましょう。ファスナーに対して水平に、ゆっくりと引っ張りながらスライダーを動かします。頼める人がいるのであれば、両方をピンと引っ張ってもらうと良いでしょう。硬い布の場合はファスナーをドライヤーで温める等して噛んだ布を取りやすくする手段もあります。



簡単なバッグ修理方法

お気に入りのバッグのファスナーが故障してしまって困ってしまったことはありませんか。まだ新しい、まだまだ使えるようなバッグが、ファスナーが壊れたといってもう使えなくなってしまうのは非常に残念です。しかしながら、ファスナーの修理となると、簡単には修理できませんし、もちろん、自分で直して使えばいい、と思える人はいいですが、実際チャレンジしても、逆に修復不可能にしてしまう恐れもありますので、手が出せない人も沢山いるのが現状です。

よくある故障のケースとして、ファスナーが完全に動かなくなるパターンがあります。硬いと感じながらも、無理に閉めてみたら、途中で全く動かなくなった、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。そんな時は、力ずくで動かそうとしても、更に動かなくなることがほとんどですので、無理はしないようにしましょう。無理に締めるのではなく、逆に元の方向へ動かしてみてください。動かしたいと思う方向よりも、一旦戻した方があっさり動くこともあります。ファスナーの様子を見ながらになりますので、焦らずに対応するようにしましょう。または、ファスナーがサビ等によって動きが悪くなっている可能性がありますので、潤滑油代わりにクリームやワセリン等を薄く塗って動かしてみてください。すっと動く可能性があります。このように、簡単なバッグ修理はできても、難しい修理になると、やはり専門業者へ依頼することが最も安心して任せることができますのでお勧めです。